工場勤務では作業着での通勤が普通なのか

作業服7

会社員であればスーツで通勤するのが普通だと言えますが、工場で勤務する場合は作業着で通勤するケースも多くなります。しかし作業着というのは基本的に外出する際に着る服装ではないため、作業着で通勤することに抵抗を感じる人もいるのではないでしょうか。

ですのでここでは、工場に通勤する時の服装について紹介します。

男性が工場に通勤する際の服装について

まず男性の場合はどうなのかというと、どんな服装で工場に通勤するのかは通勤手段によって違うということが言えるでしょう。自宅から工場までの通勤手段としては、自動車やバイク、自転車といった自分で運転する乗り物で通勤する場合と、電車などの公共交通機関を利用する場合の主に2種類があると言えます。

そしてこのうち、自分で運転する乗り物で通勤する場合は作業着を着て通勤するケースが多く、公共交通機関を利用する場合は私服やスーツで通勤するケースが多いと言えるでしょう。これは、自分の自動車などで通勤する場合は、特に周りを気にする必要がないため作業着でも問題ないと言えますが、電車などの公共交通機関の場合は、作業着だと目立ってしまうなどの事情があるからです。

そして通勤手段による違いということ以外にも、工場で作業着に着替える手間を省きたいという理由で作業着通勤をする人も多くいます。工場勤務では作業着を着用する必要がありますが、勤務が始まる前の慌ただしい時間に着替えをするのは面倒だと考える人も多いでしょう。

それに工場で着替える場合は、少し早めに自宅を出る必要があるため、その時間が無駄に思えるという人もいます。ただし作業着で通勤するということは、帰りも作業服を着たままという状態になるため、汚れやすい作業をしている場合については、作業着通勤は向いていないということが言えるでしょう。

女性が工場に通勤する際の服装について

次に女性の場合については、やはりオシャレを気にする人が多いということもあり、工場勤務であっても私服で通勤するケースが多いと言えるでしょう。

服装に関しては、男性の方が実用性重視なら、女性は見た目重視ということになるでしょうか。

ですので、自動車などを自分で運転して通勤する場合でも、近所の人に見られるかもしれないといった意識があるため、私服で通勤する人が多くなると言えます。

また女性の場合は、帰りに夕飯の買い物をするといった場合も多いため、作業着のままで買い物をするのはさすがに抵抗があるということも考えられるでしょう。ただし女性の場合でも、自宅の近所に工場があって、その周辺に工場で働いている人が多いといった場合は、作業着で通勤するのに抵抗を感じなくなるというケースもあると言えます。

周りの人も作業着なら自分もそれでいいというふうに、集団意識が働くということでしょう。しかし女性の場合も、汚れやすい作業をしている場合は、その作業着を着たまま帰ることには抵抗があるため、作業着通勤は、比較的汚れにくい軽作業の仕事に就いているケースに限られると言えるでしょう。

工場で着替える場合について

工場に私服などで通勤する場合は、職場で作業着に着替える必要がありますが、ほとんどの工場には更衣室が設けられているため、そこで着替えることが出来ます。そして工場の更衣室には、個人用のロッカーが用意されていることも多いため、着てきた服を入れておくことが可能です。

また私物に関しても、あまり大きな物でなければロッカーに入れておくことが出来ると言えるでしょう。ただし更衣室は、工場で働いている多くの人が利用する場所でもあるため、盗難には注意する必要がありますし、貴重品は置かないほうがよいと言えます。

私服などで通勤する場合に注意しておきたいのは、着替える時間を考慮して、ある程度余裕を持って通勤する必要があるということです。なので、始業時間の30分程前には工場に到着するようにしている人も多いと言えるでしょう。

早めに通勤すると時間が無駄になってしまうようにも思えますが、職場の同僚とコミュニケーションを取ったり、すぐに仕事に取り掛かれるように準備をするのは、社会人にとって常識的なことだと言えます。また、工場によっては作業着を着たままでの通勤を認めていないところもあるため、その場合は、私服でしか通勤出来ないということになるでしょう。

工場勤務をする人の通勤方法について

作業着で工場に通勤する人は、自動車などを自分で運転する場合に多いということを先ほど紹介しましたが、実は工場に自動車で通勤する人は意外と少ないと言われています。どうしてかというと、工場で勤務する従業員の多くが自動車通勤をするとなると、それだけ多くの駐車スペースを用意しなければならなくなるという工場側の都合があるからです。

なので、実際には電車やバスといった公共交通機関や、駅から送迎バスで通勤するといったケースが多いと言えます。また、ある期間だけ工場で働く契約社員である期間工の場合は、工場が用意した寮に住むことが出来ますし、通勤に関しても送迎バスを利用することが出来ます。

この送迎バスは、工場の寮に住んでいる人のためのものなので、寮から直接乗ることが出来ますし、もちろん作業着を着たままで通勤することが可能です。ですので期間工の場合は、通勤の心配や、その際の服装の気遣いをする必要があまりない場合が多いということが言えるでしょう。

結婚している場合は奥さんの意見も考慮する

工場に作業着で通勤するかどうかは、一人暮らしの場合は自分の判断で決めればいいことなのですが、男性で結婚している場合は、奥さんの事情も考慮する必要があります。作業着通勤を肯定する奥さんの意見としては、作業着であればスーツのようにアイロンがけやクリーニングの必要がないという便利さがあると言えるでしょう。

作業着の場合は洗って乾かすだけで済むため、スーツと比べると手間がかからずとても楽です。しかし作業着通勤を否定する奥さんとしては、近所の人や知り合いの目もあるので、作業着は職場で着替えて欲しいという意見もあります。

職業に貴賎なしと言いますが、スーツ姿の方が作業着姿より立派な仕事をしているように見える、といったイメージを持っている人もいるため、そのことを気にする奥さんもいるということです。なので男性で結婚している場合は、自分の都合だけでなく奥さんの意見にも耳を傾けて、作業着通勤するかどうかを決めることも大切だと言えるでしょう。

投稿日: